マーケティングオートメーションの事例【成功事例が多数アリ!】

記事リスト

関連する法律を知る

音符

ネット上での重要事項

youtubeを利用することで、大きな資本力を有していない個人や中小企業であっても、動画を世界中に配信することができます。youtubeには手軽に動画をアップロードできますが、音楽の著作権に関しては注意が必要です。ミュージシャンや作曲家などが作った音楽は、著作権によって保護されており、商用や配信目的として無断で使用することは禁止されています。仮に、著作権を無視して、音楽を無断でyoutubeに投稿し配信すると、法律を無視したことになります。仮に発覚してしまうと、罰金などの実刑に処せられる可能性があります。また、仮に意図して他人が作った音楽を使っていないとしても、テレビやラジオなどで流れていた音楽が、撮影中の動画に記録されてしまうこともあります。そして、そのまま動画をyoutubeで配信してしまった場合、故意に著作権を無視していなかったにしても、過失によって罰せられてしまうことがあります。仮に、youtubeで動画を配信するときに、音楽をバックミュージックなどとして使いたい場合、著作権フリーの音楽から選ぶことが望まれます。著作権フリーの音楽は、著作権によって保護されていないため、著作権法によって罰せられることはありません。また、最近では、著作権フリーの音楽などの中でも、非常にクオリティーが高い作品が多く用意されています。インターネットが発達することによって、youtubeに代表されるように、個人でもメディアと同じことをできるようになっています。しかし、著作権保護の具体的な内容については、いまだに認知度が低いことが現状です。youtubeなどを使用し、動画や文章をネットで配信するときには、関連する法律を学ぶべきです。