マーケティングオートメーションの事例【各部署の連携が強化される】

記事リスト

文字起こしを行う目的

レディ

業務を円滑にする為に有効

テープ起こしは、会議などにおいて録音されている音源を聞いて、内容を的確に文章化することを意味します。テープ起こしを有効活用することによって、聞き取りづらい会議などの中身についても、文章に起こすことを通して客観的に理解しやすくなります。 それに加えて、テープ起こしは、単純な議事録の形での用途以外にも、色々な用法や目的があります。 会社の業務の内容に関してのメモを取っていても、自分自身が聞き間違えたのか、または上司サイドの説明において非があったかを確かめることはできません。以上のような会社の業務に関しての聞き間違え並びに伝達のケアレスミスを防止するうえでも、テープ起こしは効果を見せます。 手間がかかる会社の業務の指示の中身を録音して、文字に起こし中身を見返すことを通じて、あらかじめ疑問点などがないかをしっかりと理解したり、ミス出現時に責任の在りかを把握したりできます。指示を受けるサイドのみならず、指揮するサイドも身に付けることが大事な習慣といえます。 さらに、話者が話している中身が複雑な場合、口頭に因る1回だけの説明では認識しきれないことも珍しくありません。それを受けて、非常に難しい講義など込み入った中身の話のテープ起こしを行うことは、話の中身を振り返って適正に把握するためにも効果があります。 話の中身を振り返る為のテープ起こしを実施する際は、キーポイントを可能な限りシンプルにまとめることが重要になります。